アカデミック

社会と学問をつなぐ

日本の大学は世界でも非常に高い水準を保ち、
日々、多くの教育・研究活動が行われています。

しかし、その知見は社会において、
十分に活用されていないのが現状です。

キャリア構想大学では
社会と大学・研究者の橋渡しを行う活動を通し
社会での学問の活用を促進します。

blog-header-image

①社会・学問の交流の場作り

②調査・研究

キャリア構想大学では、大学というインフラにアクセスする
機能を活用し、社会と学問をつなぐ為の
各種調査、研究、交流の場作りを行っています。
11667381_925674784160040_5730985325099454701_n

京野菜プロジェクト・研究班  ラボ KYO-YASAI

京野菜プロジェクトは、京都大学の大学生が
運営する京野菜の普及プロジェクトです。

パナソニックとのレシピ開発や食育企画等を展開する他、
研究班「ラボ KYO-YASAI」では、京野菜や京都に関する研究、調査等を行っています。

■研究・調査報告

2016年
【調査レポート】近代京都における都市開発と京野菜生産の発展・衰退との関係性

2015年
【調査レポート】嵯峨野 古典文学作品の足跡を辿る

2014年
業界機関誌「食品と科学」にて京野菜プロジェクトのメンバーの
原稿が連載されました。

・食品と科学8月号
リポート 伝統野菜あれこれ 日本の食を支えた野菜たち(その1)

・食品と科学9月号
伝統野菜あれこれ : 日本の食を支えた野菜たち(その2)

News

More